浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業法人調査等、ご自分では調べることのできない様々な調査が可能です。

興信所・恵庭市のコラム 弁護士の正義

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は恵庭市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

私は長年、探偵という立場から「弁護士」の方々と接してきています。

そして近年、弁護士さんたちの質が低下していると実感しています。

私が探偵になった頃の弁護士さんたちは、根底に「正義」があった。

例えば、浮気をして奥さんにバレた夫。

以前であれば、その夫の弁護を引き受けた弁護士さんは、

まずは依頼人である夫を諭した。

そして、浮気を認め、妻との争点を

「慰謝料の金額」と「財産分与」、「養育費の金額」を金額を争ってきた。

だか、近年の弁護士さんたちは、そもそも浮気の責任はない・・・と主張してくる。

既に婚姻関係は破綻していた・・・・

ラブホテルには行ったが、夫は糖尿病のため、性交渉はしていない・・・・

女性と旅行には行ったが、不倫関係ではない・・・・

ホテルに泊まったが、仕事の話をしていただけ・・・・

妻の方が不倫をしていたはず?・・・・

同棲していたが、男女の関係ではなく、ルームシェアしていただけ・・・・

あきらかに自分の依頼人が嘘を言っていると分かっていても、

その場しのぎの答弁書を書いてくる弁護士さんが増えている。

当然、弁護士は依頼人の「代理人」であり「弁護人」ではあるが、

同時に「法律家」でもあるはずです。

法律家としての根底に持つべき「正義」を持たず、

ただ単に依頼人の言っていることを答弁書として作成するだけでは、

「代書士」に過ぎないと思います。

探偵はハッキリと言います。

浮気をした方の弁護を引き受ける弁護士さんたちへ。

ラブホテルに行ったが、セックスはしていない?等の答弁をするのはやめましょう。

依頼人があきらかな嘘を言っている場合は、

弁護士の立場でその依頼人を諭すことも、弁護士の正義だと思います。

 

(株)アイシン興信所  恵庭市ホームページ

Tags:


アイシン探偵 会社概要


アイシン探偵事務所お問い合わせフォーム


本店
北海道札幌市中央区大通西1丁目
14番2 桂和大通ビル50 9階
リージャスビジネスセンター

東店
北海道札幌市東区東苗穂7条3丁目
4-50

 

アイシン探偵事務所ブログ アイシン探偵事務所Twitter

サイト内検索